記事の詳細

株式会社SHTは、専門的なエンジニア達を育成することに力を注いでいるようです。具体的にどのような事柄に力を注いでいるのかと言うと、株式会社SHTでは、現場での作業や、まだ経験をしたことのない未知の分野を開拓したり、既に経験をしている分野をより極めていくことができます。
ですので、素人の方達や熟練者の方達でも、株式会社SHTでは力を入れて教育を行っているようです。企業において、人というのは財産です。ですので、その財産をより質の高いものとしていくためにも、株式会社SHTでは人材開発を徹底的に行っているのです。
人材開発を積極的に行っている企業というのは質も高いもの。専門的なエンジニア達に求められているネットワーク機器やデータベースといった様々な技術の知識を株式会社SHTでは身に付けていくことができるでしょう。
高い知識と技術力を身に付けたいとお考えの方であれば、これ以上ないほどの企業と言えるのではないでしょうか?

合格をするまでに、かなり精密な教育プログラムを実行していく必要があります。まず、初めにベースメントトレーニングを行います。ベースメントトレーニングは、各分野の基本的な知識や座学などを中心に学んでいくようです。この部分の基礎的なことを理解しなければ、専門的なエンジニアになることはできません。
また、エンジニアトレーニングもあり、これは、基本操作や実機演習の他に、製品の理解などが含まれます。正しい知識を付けて、学んでいくということがとても大切です。
他にも、グループトレーニングや業務プロセスベーストレーニングの他に、実践トレーニングなどがあります。そして、一通り終わったら、次は試験対策などもありますので、しっかりと身に付けておくようにしましょう。

これらの項目は、プロのエンジニア達が全て身に付けて、実際に活かしている事柄ばかりです。どれか一つが欠けていても、プロのエンジニアになることはできません。教育プログラムはかなり精密ですが、その分、非常に正しい知識を身に付けていくことができます。最初はかなりハードだと感じるかもしれません。しかし、専門的なエンジニア達が身に付けている事柄だと思い、しっかりと学んでいくようにしてください。どれをとっても、必要不可欠な知識ばかりですので、しっかりと身に付けて、実践に活かしていくようにしましょう。
ただ、学ぶだけではなく、覚えたことをしっかりと実践に活かすことが大切。ですので、学んだ事柄はしっかりと使っていくようにすることが肝心です。実践で上手く使っていくことができれば、それだけさらに技術力が向上していくはずです。

株式会社SHTの教育事業

株式会社SHTはネットワークシステムの設計から運用まで、またそれに付随するソフトウェアの開発を行っている企業です。また教育事業にも積極的に取り組んでいます。2006年の設立から、ハイレベルなエンジニア集団として業界で活躍しています。様々な事業を行っている株式会社SHTですが、ここではその中でも教育事業のことに焦点を当ててご説明します。

株式会社SHTの教育事業は、ネットワークに対しての理解の向上、資格取得のために行われています。主に取り扱っている資格は、「CCNA」「LPI・LPIClevel1」「ITIL Version3」「CompTIA Server+」「MCA Platform」などの、サーバーネットワークに関するものと、「マイクロソフトオフィススペシャリスト」を始めとするマイクロソフトオフィスの利用に関するものなどです。その多くで高い合格率を誇っており、中でもマイクロソフトオフィスに関する資格は、100人近い受験者の全員が合格しています。またその他の資格もほとんどが9割以上の合格率を達成しており、株式会社SHTの教育事業の質の高さが伺えます。

株式会社SHTの教育事業の講師は「自らの力で論理的に考え、答えを導き出す人材を育成する」を方針として講義にあたっています。勉強は、面白い方が飲み込みが早く、自分で考えた方が定着します。そういったことを踏まえた上で、考える力を養う面白い指導が展開されています。また、ただ知識を頭に詰め込むだけではなく、きちんと理解した上で回答できることを理想としており、個々の学習速度に沿った指導がなされており、効率的な定着が図られています。これらは、企業がコスト削減を考え、人材にお金をかけようとしない不況の最中でも、生き抜いていける価値の高い人材を育成するためです。

株式会社SHTでは学習したことの定着を図るため、段階的なプログラムが組まれています。
まず1段階として、座学をメインに据え、各分野における基礎的な知識を養っていきます。それと並行して基本操作を覚えていき、製品への理解度を深めていきます。グループでの学習も行い、回りと切磋琢磨することにより、より高いレベルの学習を実現します。
第2段階ではそれを反復、自習も積極的に行い更なる定着を図っていきます。
第3段階は最終段階です。第1段階、第2段階で学習したことを基に、より実践に近いトレーニングを行います。そして、過去問題を参考に、試験対策まで万全に行い試験に臨むのです。

株式会社SHTはこのようにして、優秀な実績を残しているのです。

株式会社SHT
http://www.shtech.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る