記事の詳細

昭和10年に創業を開始した高光産業株式会社は、今年で80周年を迎える老舗の企業です。高光産業株式会社の現在の経営者は、創業から4代目となる代表取締役社長の妹尾八郎氏が舵取りを行っている企業です。高光産業株式会社は、創業当時から倉庫業を主な事業として今日まで続いており、一般貨物倉庫事業だけでなく商品管理や納入から荷物の輸送を行う運送業も経営している企業です。

80年という長い年月のノウハウを生かした倉庫事業では、決められた保管期間の倉庫事業を行っているのではなく一時保管や長期的な保管まで行うことでいろんな商品の荷物を取り扱うことができる倉庫業を営んでおります。この倉庫業に加えて商品管理と納入業務を行うことが、倉庫で保管している商品を適切な条件のもとで迅速に輸送する取り扱いを行うことができます。これも、永く行ってきた倉庫業の実績と蓄積された技術やノウハウも生かした輸送システムを確立した結果だといえます。特に商品管理を行う事は荷物を預かる企業としてはとても重要な業務につながります。それは、紛失事故を未然に防ぐことができ欠品した商品をどこの段階で紛失したか的確に把握することで今後の紛失事故を未然に防ぐことができます。この商品管理と納入は、企業にとってとてもコストのかかる業務となります。そのコストのかかる業務を高光産業株式会社では独自のシステムを導入して行うことで取引企業にとってコスト削減につながるとても重要なパートナーとしての立場を確立することができます。

また、各種輸送を行っている関係で貨物運送事業と一般貨物倉庫事業を同時に行う会社では、取引先のコストを削減する結果となります。高光産業株式会社で行う倉庫事業に関係する各種輸送事業については、貨物の種類別に適した質の高い輸送システムを確立しているため、 配送について確実に送り先へ輸送することができます。高光産業株式会社では、長年培った倉庫事業の脳波を生かして規模の異なる倉庫を複数所有しています。これは、取り扱う商品の種類や形状に会った倉庫を利用することができるために設けられている倉庫で、福岡市の拠点としている高光産業株式会社では市内に3カ所の倉庫を建設しております。九州から西日本そして全国の物流システムを確立しているだけでなく海外にも広がっている物流事業をとり扱っているのは高光産業株式会社です。今後も物流システムのメリットを生かしたサービスを提供することができます。

高光産業株式会社の物流業務

高光産業株式会社についてお話しします。この会社の創業は、昭和十年です。常に、この長い期間、様々なチャレンジをして来ました。そして、更に今後、大きく邁進して行くつもりでいます。是非、高光産業株式会社の今後にも期待していただきたいと思います。
高光産業株式会社が、行っている業務は、自動車運送事業 自動車運送取扱事業 荷造梱包業 倉庫業 更に物的流通に関するコンサルティング業務 土地・建物の賃貸業と言ったものです。
更に、インターネット事業にも積極的に挑戦しています。それが、高光産業株式会社の新しい飛躍です。この会社は、様々な分野に、拘りを持つ事なく出来る可能性を見いだそうとしています。

ネットコミュニティ事業 インターネットマーケティング WEBサイト企画・制作・運営・コンサルティング 各種アプリケーション・システム開発、更に、レンタルサーバー事業 各種ネットワーク構築と言った多種な業務に挑戦し続けています。
何が、この会社の本質なのか、それは、全部です。すべての事業において、どれ一つぬかりなど存在するはずはありません。 そして、高光産業株式会社は更に新しい業務に挑戦しようともしています。みなさんには、まず、この会社の一つ一つの仕事について理解していただきたいと思います。
まず高光産業株式会社の物流業務です。今後、物流として企業が勝つ為には、業務の効率化、そして、企業体質の改善という問題が課題となっています。ユーザーとの共存共栄を目標にして、この会社は一歩リードした事業を展開しています。

更に共同物流システム についてお話しします。共同物流システム という方法によって物流に起こる問題を解決して行きます。この方法によって、それぞれメーカーによる個別納品のデメリットが解消されて行きました。この方法によって、コストの問題、サービスの問題、様々メリットを享受する事が可能になります。それは、目的地別のメーカー共同集荷配送という体制です。その方法は高光産業株式会社という存在が流通の間に介入する事で、ずっと合理化する方法です。共同の物流によって、現在の物流コストより、一割、二割程度のコストダウンが期待出来てしまうのです。
そして、共同の物流という概念によって統一されたモノを総括して、丁寧に扱う事が出来ます。つまり現在の物流システムバラバラだから駄目なのです・・・。共同化してスリム化すれば、こんなにメリットが大きいのですよ。

高光産業株式会社、そして株式会社チェンジフィールド

みなさんに高光産業株式会社の力について知っていただきたいと思います。中小企業そして、ベンチャー企業が、大企業とコミュニケーションを持つ事が出来る場所、 東京セブン倶楽部が発足しました。
株式会社チェンジフィールドという会社は、「koko1(ここワン)」という携帯電話・スマートフォンを使ったマーケティングサービスを展開しています。「koko1(ここワン)」とは一体なんなのでしょうか。
ASPサービスとは、インターネットを通じて顧客にビジネス用アプリケーションをレンタル するサービスです。「koko1(ここワン)」は、エンターテイメントの本質、そしてより多くのお客様に集まっていただくテクニックをASPサービスとして提供してくれています。「koko1(ここワン)」によって、ビジネスモデル特許(No.3393604)による、コンテンツ、集客ノウハウを共有してくれます。携帯サイトの事が判らないと言うのであっても、企業様は、気軽な感じで、携帯アイテムを、戦略として扱う事が可能になります。
特に、コンピューターにあまり詳しくないという人たちにも積極的に「koko1(ここワン)」を利用していただきたいと思います。「koko1(ここワン)」を利用するメリットは更に幅を広げます。

アンケート機能を充分に利用して、企業の分析をもしっかり調査を行う事も可能です。世代・性別・地域など多角的な観点より、みなさんの企業の分析を行う事が出来ます。株式会社チェンジフィールドが、「koko1(ここワン)」というマーケティングサービスを展開しています。
株式会社テレビ東京と一緒に立ち上げた会社が、株式会社チェンジフィールドなのです。株式会社チェンジフィールドも、高光産業株式会社の力も一心同体です。高光産業株式会社グループの中にチェンジフィールドはあります。
今まで、中小企業、ベンチャー企業、士業(弁護士、税理士、社会保険労務士)、保険代理店などの個人事業主と言った人たちの交流の場所はたくさんあったけど、小さな企業が、大きな企業との交流の場所がないという不満の声を聞くようになりました。その悩みを聞き、設立したものが、東京セブン倶楽部です。
若い企業にも、大きな魅力が存在しています。東京セブン倶楽部で、大きな企業も、小さな企業に背中を押されていると言います。お互いが、メリットを東京セブン倶楽部の場所で得ていただきたいと考えます。高光産業株式会社にはまだまだ出来る事があります。高光産業株式会社、そして、株式会社チェンジフィールドに期待をしてください。

高光産業株式会社
http://www.takamitsu.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る