記事の詳細

みなさんは、株式会社メディアラボという会社名をご存知でしょうか? 株式会社メディアラボとしても知られている企業であり、IT企業となっています。最近では実に多くのIT企業が点在しており、活躍している様子が伺えますよね。
庭野仁司さんは株式会社メディアラボで代表を務めていた方であり、株式会社メディアラボをここまで成長させた一員でもあります。
庭野仁司さんが指揮・監督を行っていた株式会社メディアラボはソフトウェア開発についても積極的な姿勢を見せています。そうしたことからすでにご存知といった方もいることでしょう。株式会社メディアラボは庭野仁司さんのもと確実な成長を遂げてきました。ではどういった会社なのか、ここで若干紹介させていただきます。

2014年6月現在、ホームページを見てみると「CORPORATE PROFILE」といった形で会社紹介を行っています。
会社の商号ですが「株式会社メディアラボ」(バッグワン)といった呼び方が正式名所となっています。株式会社メディアラボ Co. Ltd.という表記がなされているのも特徴です。所在地ですが〒102-0082 東京都千代田区一番町8-15 一番町MYビル4階となっています。
現在の代表者は西原 利明氏(Toshiaki Nishihara)となっており、今後も活躍が期待できます。創業は2006年(平成18年)5月23日です。意外なような印象を受けますが、まだ創業10年にも満たない企業となっています。資本金は3,000万円です。

役員構成は下記となっています。
代表取締役 西原 利明(Toshiaki Nishihara)
取締役 毛利 満夫(Mitsuo Mouri)
監査役 藤原 重光(Shigemitsu Fujiwara)
監査役 大江 肇(Hajime Ooe)

事業内容ですが「ICTに特化した事業全般」となっておりITに関するコンサルティングサービスはもちろんのこと、システム開発や構築、運用保守サービス、システムエンジニアリングサービス、各種業務請負、アウトソーシングサービスなど多彩なジャンルで請け負っています。

庭野仁司が築き上げてきた株式会社メディアラボはまさしく今、成長の真っ只中におり、 株式会社メディアラボとしてのさらなる成長が期待できる企業です。庭野仁司さんから現在は西原利明さんにバトンタッチされており、新たな形での戦略にも期待したいところです。
IT事情ですが、各社で悩みを抱えている状況は珍しい話ではありません。IT技術は年々進化を遂げており、ますます構成についても複雑化されています。プロでも新しい開発についていくのは大変なことです。日々勉強して、取り組んでいる姿勢がうかがえます。

ITに関して悩みを抱えているのであれば、ITのコンサルティングサービスを入れてみることをおすすめします。ITに関するコンサルティングサービスを入れることによって、内容が大幅に向上したという声も少なくありません。
近年社員の採用の際に、コンピューターを扱える人材であるかどうか?についても選考対処となっていますが、コンピューターを扱える人材と一言で言っても実に幅広い層があり、素人にプラスアップしたレベルの人もいれば、バリバリのプログラマーも存在します。できればバリバリのプログラマーが望ましいのでしょうが、そうした人はIT系の企業を目指すことが多く、一般企業でバリバリのプログラマーの人材確保はかなりの難題となっています。
バリバリのプログラマーの確保が無理な場合は、思い切って外注してみることをおすすめします。

ITに関しては複雑なのが前提なので、外注することは決して珍しいことではありません。むしろある程度予算が取れる企業であれば、当たり前に対応しているのが通例です。
こうしたことからあらかじめITに関しては予算を配分してプロに依頼するのがベストといえます。外部に発注すると高いといったイメージを持っている人も多いかと思いますが、実はそんなに高くはなく、逆に安くつくこともあります。
ITのために人材を雇うことを考えたら、こうした形で対処したほうが経費的に浮く場合も少なくありません。
このようなことから外部に委託するのと、社内で人材を雇うのとどっちがいいか判断するのがベターでしょう。
社内で人材を雇った場合は、中途採用であれば即戦力になるケースもありますが、少なくとも業務を理解するまでに時間がかかることは覚悟しておく必要があります。

またせっかく採用しても力量不足だったり、経営者の意に染まらないといった人もいることでしょう。そうした場合のロスを考えても、外部委託についてはかなり積極的に検討してよいかと思います。
外部委託ですが、やはりプロなので非常にスムーズにIT導入から設置まで完了したという声が少なくありません。ITについては経費も馬鹿にならないので、あらかじめできる人材を確保しておくことが大事といえます。
となるとやはり株式会社メディアラボなどプロにお願いするのがベターでしょう。

ネット時代のパートナーは信頼が大切

もはやインターネットは珍しい物でもなんでもありません。当たり前のものであって、各企業もインターネットをどのようにして活かすのかという点に頭を悩ませています。インターネットを活用したおかげで飛躍的に成長した企業もあれば、インターネットに乗り遅れたり、あるいは上手くビジネスと連動させる事が出来ないおかげで業績を悪化させてしまったような所もあるのです。それほどまでにインターネットはとても大きな存在感となっているのですが、おかげでITコンサルタントの存在感も無視出来ないものになってきました。

株式会社メディアラボのように、顧客相手に適切な道を示してくれるような所は高い信頼を得ています。口コミのおかげで、「コンサルタント会社」ではなく「株式会社メディアラボ」と名前で指名するケースもあるほど。一方で、下品なコンサルタント会社も増えています。この問題の根底にあるのは、コンサルタント会社は何かしら資格がなければならないという事がないのです。それこそその瞬間から自称する事さえ出来てしまうのです。

株式会社メディアラボのようにしっかりとしたノウハウを持っている所もあれば、株式会社メディアラボとは逆に、とりあえず儲けたいから、あるいは適当に話をして顧客からお金をと考えているような企業さえあるのです。どちらの方が正しいのかなど言うまでもありません。そのため、株式会社メディアラボのように品質の良いコンサルタント会社はさらに高い信頼を得る一方で、質の悪い低俗なコンサルタント会社は淘汰され始めているのです。依頼する側からすればどちらに依頼したいのかなど一目瞭然です。

ですが、無知に付け込み、お金だけを取ろうとする悪質なコンサルタント会社も増えています。ネット時代のパートナー選びはとても大切ですので、コンサルタント選びは慎重に行わなければならないのです。

ソフトウェア開発の強い味方

ビジネスをより効率良く進めようと考え自社でソフトウェア開発を行っている、というような企業は少ないのではないでしょうか。無論、ITに強い企業やもともとコンピューター関連の事業を手掛けている会社ならそれも可能かもしれませんが、そうでない企業にとって自社でソフトウェア開発を行うなど到底不可能なことと言えるでしょう。

ソフトウェア開発の心強い味方と言えば庭野仁司氏が創業した株式会社メディアラボが有名です。庭野仁司氏はIT業界に精通した人物として知られていますし、そんな庭野仁司氏が設立した会社が株式会社メディアラボです。こちらの会社はITソリューションやITコンサルティング、アウトソーシングなどを事業として行っているほか、ソフトウェア開発を行っていることも知られており、これまで数々の企業が株式会社メディアラボにソフトウェア開発を依頼してきたという実績もあります。

庭野仁司氏自身がソフトウェア開発に強く拘りを持ち熱心な活動を続けてきたことは知られています。また、多くのソフトウェア開発企業が「当たり障りのないソフトウェア」を提供し続けているのに対し、株式会社メディアラボは「クライアントが本当に使いやすく業務の効率化に役立つソフトウェア」の開発を基本としています。これだけでも同社に依頼する価値は充分にあると言えるのではないでしょうか。

「わざわざソフトウェア開発して貰わなくても市販のソフトで充分」という方もいるかもしれません。確かにソフトウェア開発となればコストも沢山掛かってしまいますし、そう考えてしまうのは仕方のないことでしょう。しかし、市販ソフトはあくまで万人に向けた仕様になっていますから、時には使い勝手が悪く感じたり効率的でなかったりもします。オンリーワンのソフトウェアが欲しいと考えるなら、庭野仁司のようなプロに開発を依頼するべきでしょう。

株式会社メディアラボ

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る