記事の詳細

ビジョンフィットネスセンターをご存知でしょうか。
名前だけなら聞いた事があるという人もいれば、ビジョンフィットネスセンターなるものは初めて耳にするという人もいるかもしれませんが、人間のとある機能を改善してくれる場所として、とても高い注目を集めるようになっているのです。それは視力です。人間は様々なパーツから構成されていますが、目に関してはとても大切なものであると同時に、視力の低下はなかなか改善するものではありません。外傷や病気であれば人間の自然治癒能力のおかげで放置しておいてもある程度は改善されていくものです。また、「安静」という言葉もあるように、何もしなければ機能は回復していくものです。例えば体力にしても、物凄く疲れてしまったとしてもある程度安静にしておけば次第に体力は元通りになります。ですが視力だけはそのような訳にはいきません。視力は一度低下するとなかなか戻らないと言われているのですが、戻らないだけではなく、安静にする事も難しいものです。睡眠している時以外は全て目を使う事になりますので、なかなか安静にする事が出来ないのです。

ましてやデジタル社会と言われている昨今、スマートフォンやパソコン等、デジタルモニターを長時間目の当たりにしなければならない人も増えているのではないでしょうか。一日中パソコンのモニターを直視しなければならないという人も珍しくないと言われていますし、暇さえあればスマートフォンで何かしているという人も多いのではないでしょうか。パソコンにせよスマートフォンにせよ、さらには昔からあるテレビにせよ、われわれに素晴らしい利便性をもたらしてくれているものではあるのですが、「視力」という観点からするとあまり良いものではありません。むしろ視力に大きな負担を与えているものですので、スマートフォンを頻繁に弄るようになってから視力が低下しているという人も増えているのです。ですが、視力はなかなか元通りになりません。そのため、眼鏡やコンタクトレンズというものが賑わいを見せているのですが、一方では出来ればそれらに頼るのではなく、自分自身の目で物を見たいという人も多いはずです。やむを得ず眼鏡やコンタクトレンズを装着しているものの、出来れば本当は自分の目、裸眼で見てみたい。そのように思っている人は実はとても多いと言われています。

そのような人にとって、ビジョンフィットネスセンターはとても素晴らしい場所になってくれるはずです。ビジョンフィットネスセンターは、視力回復のためのセンターでもあるのです。カウセンリングから実践してくれていますし、さらには視力回復のためのトレーニング方法も構築されています。そして何より30年以上もの実績。ビジョンフィットネスセンターで視力が戻ったという人はとても多いと言われていますので、信頼して通う事が出来るのです。もちろんビジョンフィットネスセンターと言えどもいきなり一度足を運んでもらっただけで視力が一気に改善するという事はありません。地道な努力が必要になってくるのですが、裏を返せば努力さえすれば視力が元通りになるとも言えます。何もしなければ視力が戻る事はありません。ですがビジョンフィットネスセンターで努力する事で視力は戻るのです。そしてその「努力」は、闇雲に行うものではなく、長年の研究によって構築されたものですので、行う事で必ずや成果をもたらす事が出来るとされていますので、視力低下が社会問題とまでささやかれている昨今に於いて、ビジョンフィットネスセンターの存在感が物凄く高いものになっているのです。視力が戻る。これは誰にとっても素晴らしい事なはずです。

目のトレーニングをビジョンフィットネスセンターで行う

近視の児童は年々増加している
教育や文化について政策や施策を取りまとめる行政府である文部科学省は、義務教育機関である小学校と中学校の児童について様々なデータを取って統計学的に分析し、政策に活かしていることはよく知られています。
この調査の中では学校保健統計調査というものも行っています。具体的には学校で受けることになる身体測定や健康診断のデータを全国の小中学校からとりまとめ、それをグラフなどに直して傾向をチェックするということが目的のもので、1960年代ごろから始められているために、現在の児童の健康や身体的な特徴について、過去のデータと比較して傾向を知ることができるものです。また、データの数も莫大な上に、日本の児童の全員分を対象としたもののために正確な数値を知ることができます。このデータは、まとまった後に国民に公開されるので、個人でも文部科学省のホームページから見ることができます。
そこで公開されているデータの中には、児童の視力検査の記録もあり、それを1960年代から現在に至るまでのグラフで見てみると、年々児童の視力の平均値が下がっていることが分かります。年齢別でみると、6歳の段階では、40年以上前から平均値は変わることはありませんが、11歳以上になると格段に差が出ており、2005年時点で、15歳の児童は実に60%近くが視力1.0以下の近視であることが調査で分かっています。
さらに、1.0以下の児童をさらに細分化して表した平成22年度のグラフでは、14歳の児童では20%程度が0.3未満の中強度の近視であるということも示されており、若いうちから視力が低いという傾向が顕著となってきています。そもそも視力が落ちる原因は、成長するのに伴って眼球も大きくなることが原因であり、これによってレンズの役割を果たしている水晶体も大きくなるため視力が低下しやすくなるとされています。また、遺伝も大きく関係しており、両親が近視であるとほとんどの確立で子供禁止となるために、だんだんと目の悪い児童が増えていくという傾向が表れるのです。

技術と視力
このように、人は成長するのとともに、視力が落ちることや遺伝の関係で日本人はだんだんと近視の人が増えていってしまうというのはわかりやすいですが、近年になって急増しているのには、他の理由があります。
技術が進歩したことによってテレビや携帯電話、パソコンが開発されて、人々の生活は豊かになりました。しかし、一方で視力が下がってしまう要因ともなってしまっているのは紛れもない事実です。パソコンや携帯電話の普及によって、私たちの暮らしでは近くを見て作業をすることが飛躍的に増加しました。特に、若い世代はゲームや携帯電話でのコミュニケーションに熱中する傾向があり、このことが「遠くを見る」という作業を減らすことにもつながっています。
昔から、良く「勉強をしている子や、読書の熱心な子供は目が悪い」というようなステレオタイプの言葉が認知されていますが、これはあながち間違いではなく、実際にある大学が調査した際に、高学歴な人ほど近視がひどいという結果が出ています。これも、勉強をしている時間が長いということは、近くを見る作業が長くなりがちであり、成長期のころにそのような生活を続けていたために、遠くを見るという時間が他の人たちに比べて短くなってしまい、禁止となってしまうことが多かったからです。この現象は、眼球の仕組みと密接なかかわりを持っています。
眼球の中で視力に大きく影響するのは、水晶体と呼ばれるガラス状の器官であり、人はこの水晶体につながっている筋肉を使って、レンズを薄くしたり厚くしたりすることによってピントを合わせていきます。筋肉ですから当然、使えば使うほど発達しますし、逆に使わなければだんだんと力を失っていくものです。特に、この水晶体を動かすための筋肉は、それ以外の作業では鍛えることができない上に、成長期にトレーニングをきちんと行っていないと大人になってから鍛えることは難しいとされています。トレーニングとは言っても、遠くを見るという作業をしっかりと行うということであり、これが不足してしまったのが近年の視力低下を招いている原因だと推測されています。
技術の進歩は人の生活を便利にしていますし、これからも発展は続くものですが、一方で視力に関しては悪影響を及ぼしているのは間違いないでしょう。

目の矯正と問題点
技術の進歩によって近視化は進んでしまいましたが、一方でその近視を生活に支障をきたさないようにと開発されたのがメガネやコンタクトレンズなどの視力矯正装置です。現在の強制技術はかなり発展しており、中強度程度の近視までであれば、これで1.0前後の正常値まで視力を矯正することが可能であり、実際に生活をする上ではほとんど問題を感じることがありません。勿論、車の運転免許を取得することも可能なため、そういった意味では近視であってもそこまでの危機感を抱いている人はいないのかもしれません。
しかし、中強度の近視を超えた強度の近視や極度の近視と呼ばれるような視力まで目が悪くなってしまうと、眼鏡では強制が難しくなってきてしまいます。コンタクトレンズであれば屈折率をより強いものにしていくことで対応は可能ですが、それもやはり限度があります。こうなってしまうと、強制が効かないために、生活に支障が出るようになります。人は、視覚に多くの情報を求めているので、視覚の異常があると途端に難しくなってしまうことがたくさんあるのです。くれぐれも注意しなければなりません。

ビジョンフィットネスセンターで視力回復をする
視力を回復したいと考えた時に思いつく方法は、いったいどういったものがあるでしょうか。実際に考えてみると中々相違売ったものが浮かばないという人も多いかもしれません。近年ではレーシック手術という網膜を一度切開して機能を回復させると言った手術などもあり、注目を集めていますが、確実に視力が回復するという保証もなければ、手術が失敗すると最悪の場合失明する恐れもあります。そういったリスクはなるべく回避しながら視力を回復したいところです。
そこで、ビジョンフィットネスセンターで目のトレーニングをするという方法があります。そもそも、視力を悪くしてしまった原因は、成長によるものもありますが、基本的には「遠くを見る」ことが不足してしまったことや、近くを見る作業を長く行ってきたことからくる、目の調節力不足です。逆にいえば、その筋肉の使い方を思い出すことや、目を正しい方法で使うことによって正常な働きをするように促すことができれば視力は回復するのだということもできます。
ビジョンフィットネスセンターでは、視力回復のために外科手術を行うことや、機械による強制を行うことはしていません。本来の目の使い方や仕組みについてしっかりと理解したうえで、適切なトレーニングを行うことによって本来の能力を引き出してあげることによって視力の回復を目指すのが、ビジョンフィットネスセンターのトレーニングなのです。
視力を手術もなしにトレーニングだけで回復させるというのを聞いてもなかなか信じることはできないのかもしれませんが、ビジョンフィットネスセンターは30年以上もその方法で実績を挙げており、これまでに考案され実践されてきたトレーニング方法は実に100種類以上となっています。現在では、それらの経験を活かして、その人に合わせたトレーニングを複数組み合わせたプランを適用することによってより効率よく、視力を回復させることができるようになっています。
また、パイロットなどの視力が資格の取得にかかわるような職種を目指す人で、ビジョンフィットネスセンターのトレーニングを受けて基準を満たすような視力を取り戻してから受験をしたという方も中にはおり、実績があるという強みがビジョンフィットネスセンターの魅力でもあります。
同社のホームページには、体験者のコラムや創業者の中川和宏氏の紹介文などが掲載されています。

ビジョンフィットネスセンター
http://www.vision-fc.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る