記事の詳細

我々が知っている芸能人の姿というのは言うなれば「表面上」の姿であって、決して「本当の姿」ではありません。ドラマであれば誰もが台本があって、その通りに演じているだけだと解っているかと思うのですが、実はバラエティ番組にも台本はあります。そのため、バラエティ番組で「毒舌」として売っているような人でも実は裏では物凄く優しい人だったり、周囲に配慮が出来る人という事も珍しくないですし、その反対もあります。いわゆる「キャラクター」では庶民派だったり、「いい人」で売っているものの、実際には実は物凄く周囲に気を使わせる、いわゆる「嫌な奴」がいたりもするものです。そして実は後者の方が多いと言われています。テレビカメラが回っている時にはニコニコしているものの、テレビカメラがストップすると周囲のスタッフに罵声を浴びせたり、自分にとって不本意な台本が用意されていると収録そのものに対して非協力的な態度を取ったり。テレビカメラが回っている間は「仕事」ですが回っていない時こそ「素顔」です。ですが一般視聴者は基本的にはテレビカメラによって収録された映像しか見る事が出来ませんので、芸能人の本当の姿などなかなか解るものではないのです。高感度調査の上位にいるような芸能人が、実は現場スタッフからは物凄く評価が低い。売れているから頭を下げているものの、本当は出来れば一緒に仕事なんてしたくない。売れなくなったら絶対に呼びたくない。そのように思われているような芸能人も実際多いのです。高感度というのは表面的なものでしかありませんので、高感度調査のランクを見て呆れている現場スタッフも珍しくないとさえ言われているのですが、いわゆる「前者」の場合、「仕事」で嫌なキャラだったり毒舌で売っているがために高感度は無いものの、現場のスタッフや芸能人仲間から物凄く評価されているという人も多いのです。それもそのはず、テレビの前の佇まいによって高感度だって変わってくるのですから、芸能人としても出来れば「良いキャラ」の立ち回りを演じたいとは思っているものの、良いキャラばかりでは番組が成り立たなかったり、面白くなかったり。そのためにいろいろと演出をしているのです。そのため、いわゆる「嫌われキャラ」を演じる事が出来る芸能人は現場での評価が高かったりするのですが、松金ようこもその1人です。あまり知られていないというか、そのキャラが少々鼻に付くという人もいるかもしれません。

ですがここまで散々お話したように、あくまでも「キャラ」です。むしろそうした役回りをしっかりと引き受けてくれるおかげで、松金ようこの現場での評価はとても高いのです。また、スタッフに対しての態度もとても良いもので、上層部はもちろんですが、新入りのスタッフだったり、立場の低いスタッフにもしっかりと挨拶をする事でも知られているのです。先輩芸能人の所だけではなく、後輩にも自ら挨拶に行くとも言われており、松金ようこの事を慕っている芸能人は実はとても多いとさえ言われているのです。
テレビ番組のイメージから、「キツそう」「性格が悪い」と思われてしまっているかもしれませんが、実際には真逆なのです。ですが、仮に「あれは演出」といった事を言ってしまうとテレビ番組そのものが面白いものではなくなってしまいますので、彼女はそのような事を口外せず、むしろ自分自身でもそのキャラを守っていたのですからとてもプロ意識の高い芸能人と評価されていたほどなのです。テレビ番組以外の部分の顔を垣間見る機会がなかなか無いだけに、どうしても「性格の悪い芸能人」といったイメージを持たれていたかもしれませんが、表に出てくる部分と素顔というのは違うものです。プレッシャーに苛まれ、ブログ等では「実はいい人」とか、テレビ番組の演出をバラしてしまう芸能人もいたりするのですが、松金ようこはそのような事は行いませんので、現場の評価も高かったのです。テレビ番組の難しい所は、刺激的な事はあまり受け入れられないものの、受け入れられる限界ギリギリの刺激を求めている視聴者が多いという点です。そのさじ加減はとても難しいもので、一歩間違えてしまうとクレーム等に繋がってしまうのです。そのため、毒舌キャラだったり「性格悪いキャラ」の設定がとても難しいのですが、松金ようこはしっかりとこなしてくれていたので、現場の評価がとても高い芸能人だったのです。毒気を上手く演出出来る芸能人は実はとても希少で、毒が強すぎると「演出」という枠を超え、視聴者だけではなく、同じ出演者にも不愉快を与えてしまう事もとても多いと言われているのでが彼女は絶妙な立ち位置でいられる人で、とても評判が高かったのです。復帰を熱望している現場スタッフはとても多いと言われていますが、そのような芸能人は実は稀と言われているのです。彼女が自分自身のキャラをしっかりと理解していただけではなく、人間としてしっかりとしていたからなのでしょう。

あこがれの松金ようこ

あこがれのグラビア。スタイル抜群な彼女たちにあこがれを抱いている人も多いことでしょう。
最近ではアイドルもグラビアを飾るケースが増えており、グラビアはアイドルと兼用の枠になりつつあります。
しかしながらグラビアはとてもシビアな世界です。やはり常人離れしたスタイルでないと、なかなか仕事が回ってきません。

グラビアといえば画像処理も当たり前の作業です。画像処理については、実に簡単に行える時代となりましたよね。
パソコンを使えば、それこそ素人にだってチャレンジすることが可能です。アプリなどでもできることから、あっ身近なアイテムといえることでしょう。
グラビアといえば、みなさんどういった人を思い浮かべますか。世代によっても回答が異なることと思います。さまざまな世代のグラビアが活躍していたわけですが、若いうちは特に肌がはじけんばかりでスタイルについても抜群です。

ところでみなさんは松金ようこについてご存知でしょうか。松金ようこはそれこそ一世を風靡したグラビアです。豊富なボディを持つ松金ようこ。松金ようこは顔も美しく、男女問わず人気の高いグラビアです。松金ようこにあこがれてグラビアの世界に入ったという人もいることと思います。彼女のボディは「公称95-58-85」となっており、まさしくナイスバディです。日本人とは思えない抜群のスタイルをほこっています。
性格についてもとてもまじめだと評判の人物です。ただし仕事に関しては、誰よりも厳しくけっして妥協を許さないことでも知られています。妥協しないで撮影に挑んできたからこそ、今日の成功があるわけです。
成功しているグラビアの多くは、仕事熱心でスタッフから信頼が厚い人が多くみられます。そうでないと、ボイコットされる可能性は十分あり、そのあたりも含めて評価点につながるわけです。

グラビアの厳しい世界を生き抜いてきた彼女は、まさしくグラビアの鏡ともいえる存在であり、今後の活躍についても目がはなせません。
セクシーで女性からみても見とれてしまう最強ボディ。やはり本物のグラビアのボディは全く違いますね。
彼女は現場でも評判の人物であり、撮影者も「見事なボディ」と絶賛するほどです。修正が当たり前といえども、彼女はそれ以前に素でとても綺麗なボディを兼ね備えています。
現場うけも抜群の彼女は、うそ偽りなくグラビアとして掲載されているままのパーフェクトボディだと証言する人も少なくありません。数少ない究極のボディをもった1人といえます。

松金ようこ
http://ameblo.jp/yokomatsugane/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る